Skip to content
愛知で遮熱・暑さ寒さの対策に遮熱材で省エネ

工法紹介

建設業・設計事務所・メーカー向け

ATIS工法

僅か、0.1mmの省エネ革命

ATIS工法

Almighty Thermal Insulation System(ATIS)このシステムは、金属、セラミック、木材、樹脂、コンクリート等あらゆる素材にトップヒートバリアーを空気層も作らず直接取り付ける事により、素材自体を断熱材化できる万能遮断熱工法です。

ATIS工法のメカニズム(特許取得)

(1)従来の遮熱工法:輻射熱の反射

従来の遮熱工法:輻射熱の反射

(2)今回特許「遮熱板材(ATIS&AYAS工法)」:熱伝導、対流熱、輻射熱全てを伝導熱に変え、この伝導熱を阻止

※トップヒートバリアー表面に指で触れると熱く感じるのは、指の圧力で内部の温度に触れている為である。

→この発見が特許の最大ポイント

ATIS工法のメカニズム(特許取得)

ATIS工法のメリット

  1. 金属、セラミック、コンクリート、プラスチック,紙等あらゆる素材に対応でき用途が非常に広範囲である。
  2. 抜群の遮熱効果があり、大幅な省エネルギーが実現できる。
  3. 熱供給側に熱の反射空間を必要としないので、胴縁等の取り付けが不要となる。
  4. 熱供給側の空気層が不要の為、スペースの有効活用ができる。
  5. 従来の工法で取り付け工事が出来るので施工が簡単である。
  6. 結露の発生が少ない。但し、保温等の目的で熱源側に遮熱材を取り付けると結露の発生する場合がある。
  7. トータルコストが安く付く。

建物設計の概念を変えるATISの効果

(1)鉄骨やビル等の建物への利用

鉄骨やビル等の建物への利用

(2)工場設備等への利用

乾燥炉や生産設備の省エネ作業環境改善が同時にできる

工場設備等への利用

(3)その他

熱中症対策、食品の鮮度保持、結露防止、防音対策 etc

施工形態

ATIS工法の2つの形態

遮熱材と熱の供給方向との関係で、二つの施工方法が考えられます。ここでInsideとは、内側(室内側)に遮熱材を貼るものであり、Outsideとは外側(屋外側)を意味します。