Skip to content
愛知で遮熱・暑さ寒さの対策に遮熱材で省エネ

工法紹介

トップヒートバリアー施工法

トップヒートバリアー

遮熱材・施工法のご紹介

建設業・設計事務所・メーカー向け

あらゆる素材を遮熱材化する工法。金属、木材、樹脂、コンクリート等に空気層も作らず直接取り付け、素材自体を断熱材化できる万能遮断熱工法です。

ATIS工法と従来の遮熱工法を組み合わせ、両者の性能を併せ持ちつつ性能は従来と殆ど変わらず、使用材料の削減や作業効率が大幅に向上するようにしたものです。

接着剤により遮熱材を屋根や外壁等の表側に取り付ける工法です。建物西側の壁の暑さ対策や北側の結露対策など内装材としても使用することができます。

テント遮熱工法は、テント生地の室内側に遮熱材「トップヒートバリアー」を完全に密着した状態で施工し、屋内外の温度差を劇的に変える効果をもたらす工法です。

一般企業・工場向け

どんな既建築物にも対応する、結露の発生が無く、最大の熱効率を高める遮熱工法です。省エネ、コストダウンになり、多くの企業様に採用されています。

一般企業・工場・店舗向け

室内床直貼遮熱工法は真冬でも短時間で室内が暖かくなり、しかも省エネルギー効果が大きいシステムと言えることが最大の特徴です。冷輻射と伝導熱の量を低減します。

大手企業・大学・公共団体向け

地球まるごと遮熱工法とは、輻射熱が地表に吸収されることにより発生する熱量を減らし、地球温暖化を防止するシステムです。

農業向け

農業用ハウスの連熱工法は、年間を通してハウス内の温度を安定化させ、照射された熱を暖時に反射することで温度を均一化して、品質の向上を目指す工法です。